1. 【富士物流TOP】
  2. 3PLサービス
  3. ライフサイクルロジスティクスサービス

ライフサイクルロジスティクス®(LC-L)サービス
-配送・設置・保守一貫サービス-

情報通信(IT/Iot)機器を中心とした製品の調達から導入、アフターサービスまで、その流通過程における一連の管理は、一般的に「ライフサイクルマネジメント(LCM)」と呼ばれています。このLCMの一連の流れにある導入(機器の設定・設置)からアフターサービス(保守・メンテナンス)までの工程を物流面から支援していくサービスが、当社のライフサイクルロジスティクス(LC-L)サービスです。

ライフサイクルロジスティクス(LifeCycle Logistics)は当社の登録商標です。

当社は、1983年に情報通信機器のパーツセンター運営を全国24時間365日体制で開始して以来、30年以上にわたり保守部品(パーツ)の在庫管理と緊急配送の運用ノウハウを培い、そのサービスインフラを母体として、今のライフサイクルロジスティクス(LC-L)サービスへと進化させてきました。

歴史の古いパーツセンターの運用開始後にはじまり、倉庫でお預かりする情報通信機器(パソコン端末)へのソフトウェアのインストールや仕向先ごとに異なる端末の個別設定など、時代とともに変化する技術に対応しながら数多くの経験と実績を積み重ね、倉庫内での「キッティングサービス」を確立してきました

また、ライフサイクルロジスティクス(LC-L)サービスにおいてもっとも特徴的であるのが「簡易保守サービス」です。ユーザー様側で障害が発生した時に、全国に配置している “ITドライバー”がパーツセンターでストックする代替機を配送するのと同時に、障害機との交換作業(障害復旧)を従来の技術者・CE(カスタマーエンジニア)に代わって行います。

そして、「キッティングサービス」と全国の拠点・ITドライバーを掛け合わせて実現したのが、「搬入設置サービス」です。全国のあらゆるエリアにおいてユーザー様向けのパソコンなど情報通信機器にキッティングを行なったうえでユーザー様指定の場所まで搬入し、設置します。また、一定の期間内で全国一斉に新旧のパソコンを入替るといった「リプレースサービス」では、導入前のキッティングや回収した後のデータ消去に至るまでをワンストップで一貫して行います。

このように、当社のライフサイクルロジスティクス(LC-L)サービスでは、製品のライフサイクルに応じて「@キッティングサービス」、「A搬入設置サービス(リプレースサービス)」、「B簡易保守サービス」、「Cパーツセンターサービス」の4つをサービスメニューとして取りそろえています。そして、それぞれの業務を都内で24時間365日体制で集中管理する「コントロールセンター」が司令塔となって、一貫したワンストップ型のプラットフォームを構築しています。従来、お客様側で運用していた業務を当社へ一括してアウトソースいただく事で、作業負荷の軽減や全体を通じたコスト削減が図れるだけでなく、お客様は本来のコアビジネスへ集中することができます。

製品のライフサイクルに応じたサービスの詳細

GIGAスクール構想の実現に向けた課題を解決いたします。

GIGAスクール構想とは、小学校、中学校で義務教育を受ける児童生徒のために、1人1台の学習用パソコンとネットワーク環境を整備するという、現在文部科学省が推進している計画です。

全国教育機関(小学校・中学校)向けの学習用パソコン、学習用タブレット、ネットワーク機器(ルータ、校内LANケーブル、スイッチ等)の小型機器から充電保管庫、大型ディスプレイ、プロジェクター、電子黒板、プリンター等の中重量品を含め様々な機器を大量に取扱う事に対し、倉庫での一時保管や機器のキッティング、現地への搬入から設置・動作確認、資材の回収まで、すべて当社が一括して対応いたします。

また、導入後には欠かせないアフターサービス(保守・メンテナンス)では、当社が全国で展開するパーツセンターサービス(予備品のお届け)や簡易保守サービス(代替機との交換)により、お客様のトラブルに対し24時間365日体制で駆付け、迅速に対応いたします。

<当社サービスをご利用いただくメリット>

@全国あらゆる地域で導入からアフターサービスまでを一貫してワンストップで行うことで、在庫情報や作業指示を集中管理するだけでなく、輸送費用やリードタイム等の分散ロスを抑制します。

Aキッティング作業や現地への設置作業、運送や保管などの物流など、これまで別々に依頼されていた業務の手間や煩雑な管理を一本化する事ができ、依頼主様は販売やカスタマーサービスに集中いただく事ができます。

B物流会社としての配車ノウハウに基づいた効率的な導入計画をご提案いたします。

C国内の拠点ネットワークと独自の教育体制により、全国一斉で行う展開作業を全国均一の作業品質で対応いたします。

また、キッティングだけを委託したい、現地への配送・搬入・設置だけを委託したい、キッティングルームだけを使用したいといった、ご要望・ご相談もぜひ当社までご連絡ください。

学校向けパソコン一斉導入の事例

LC-Lに関連する各サービスメニュー

キッティングサービス

調達

更新

流通過程の物流倉庫を利用して、納品先ごとに異なるニーズや仕様に合わせた機器のカスタマイズ(ソフトウェアのインストールや設定作業など)を行ないます。また、回収した機器のデータ消去なども行っています。

詳細はこちら

搬入設置/撤去回収サービス

導入

更新

全国あらゆる地域へ、小型品から中重量品まで様々な機器を対象に、「車両+ITドライバー」が機器の輸送から搬入・設置、設定・動作確認、回収・撤去までの作業を一貫して行ないます。

詳細はこちら

パーツセンター/緊急配送サービス
(24時間365日)

運用・保守

全国の配送ネットワーク拠点で24時間365日のパーツセンターをプラットフォームとして構築しています。システムによる在庫管理のほか、指定された保守(パーツ)部品を全国へワンストップで緊急配送いたします。

詳細はこちら

簡易保守サービス

運用・保守

全国の“ITドライバー”が保守(パーツ)部品を持って現場へ駆付け、お客様CE(カスタマーエンジニア)に代わってオンサイトで簡易保守作業(機器の交換、設置、設定、動作確認、回収)を行ないます。

詳細はこちら

LC-Lサービスの仕組み

LC-Lサービスは、首都圏にあるLC-Lセンターを中枢拠点として、コントロールセンターが全体管理を行っています。独自のWeb管理システムを通して全国における作業や物の情報を一元管理し、お客様からのご要望に対してスピーディーにワンストップでお応えすることができます。

LC-Lサービスの基本スキーム

LC-Lセンター コントロールセンター Web管理システム 全国パーツセンター ITドライバー

LC-Lセンターの概要

LC-Lサービスを支える独自のインフラ

@ 全国パーツセンター

全国60箇所以上のパーツセンターに適正在庫を配置、24時間365日体制で出動対応

全国60箇所以上のパーツセンターで保守(パーツ)部品や代替製品などの在庫をお預かりし、24時間365日体制で緊急出動に備えています。また、コントロールセンターでは、全国拠点の在庫数量を把握しながら常時不足することがないよう、適正配置を行ない在庫を一元管理しています。

A コントロールセンター

24時間365日体制でお客様をトータルサポート

LC-Lセンター内に設置するコントロールセンターでは、お客様からのオーダーの受付、完了報告をはじめ、全国のパーツセンターにおける保守(パーツ)部品や代替製品などの在庫管理(適正配置)、配送ドライバーやITドライバーへの連絡や指示、作業の進捗状況などをWeb管理システムを通して24時間365日体制で一元管理をおこなっています。受付けたオーダーに対して、全てこのコントロールセンターがワンストップで対応いたします。

B Web管理システム

全国パーツセンターの在庫状況や作業の進捗状況をWeb画面で確認

Web管理システムでは、お客様からのオーダーごとに進捗状況の確認ができ、配送ドライバー(ITドライバー)の到着予定時刻から、到着時刻、完了時刻までの作業情報をWebの画面上で一元管理しています。また、Webを経由していることで、インターネット環境があれば、場所を選ばずにオーダーが可能であるほか、常にお客様側で作業の進捗状況や全国のパーツセンターにおける在庫状況をリアルタイムに確認することができます。

C ITドライバー®

配送と簡易保守作業を同時に行うことで生まれるメリット

ITドライバーとは、配送ドライバーに専門的な技術教育を施し、配送と同時にCE(カスタマーエンジニア)に代わって機器の設定や設置、交換・回収などの簡易保守作業を行うドライバー兼技術者のことです。全国各地に配置されたITドライバーを起用することで、エリアごとに配送と技術員を二本立てで手配していた手間や管理コストが一本化され、作業効率の向上とコスト低減を図ることができます。

ITドライバーは当社の登録商標です。

ITドライバーの作業事例

  • 機器の取り付け、取り外し
  • データ消去
  • 結線、整線
  • ping試験
  • 部品交換
  • config投入
  • 動作確認
  • 清掃、点検
  • ネットワーク環境設定
  • ユーザー様への操作説明
  • ソフトウェア設定
  • 機器の梱包、回収
  • BIOS設定
  • ・・・など

3PLサービス

<ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヨゥヨエハ>| <ヘヨキチエ> <ヘヨキチエ> <ヘヨキチエ> <ヘヨキチエ> <ヘヨキチエ> <ヘヨキチエ>